タグ別アーカイブ: 不登校

自分が変わってみて・・・


変わりたいから変わる

今回、長年勤めた会社を転職することは、自分なりに考え始めたのは、去年の春ごろでした。

家族のために働いてるはずなのに、その家族との時間がどんどん少なくなっていくことに、矛盾を感じたこと・・・

会社の考える方針と、自分の価値観のギャップに、憤りも感じ始めていたこと・・・

そして、長男が高校卒業、次男も中学卒業を迎える年になっていたということ・・・

我が子がもうすぐ社会に出るかもしれない節目の時、そんなときに 続きを読む 自分が変わってみて・・・


頑張ったね


卒業まで数カ月

これは去年の暮れのお話。

年末ということもあり、仕事でくたくたになって帰った私。

リビングで一人晩酌をしていた時のこと。

次男が、自分の部屋のある二階から、リビングに降りてきました。

『ただいま』(私)

『ああ、お帰り』(次男)

そんな軽い挨拶がいつものように交わされました。

いつもなら、次男も自分の用を済ませてすぐに二階へ戻ってしまうのですが、

その日は、私が次男を引き留めました。

以前から次男に、伝えたかった事があったから・・・ 続きを読む 頑張ったね


学校祭にて


<学校祭・・・前夜祭>

この時期になると中学校や高校で、学校祭が行われる次期ですね。

次男、長女の通う中学校でも先日行われました。

長男の通う高校は、定時制ということもあり、もうちょっと先になります。

さて、今回は、次男長女が通う中学校でのお話。

この中学校では、この間の土日に学校祭が行われました。

当然というか、我が子たちは、それらの行事への直接的な参加もしてはおりません。

が、先生からのお誘いもあり、その前日に行われた前夜祭(学校祭のオープニングセレモニー的な感じ)にお邪魔させていただきました。

次男は『行かない』ということだったので、長女、妻、次女、三男、私の5人でお邪魔しました。

学校に着くと、長女の副担任の先生がお出迎えくださいました。

その先生のご案内のもと、体育館の2階部分(ロフトみたいなところ)へ

そこから体育館全体を見下ろす感じで、オープニングセレモニーを拝見させてもらうという形になりました。

眼下に、生徒さん全員がずらっと並ぶ中、いよいよ前夜祭スタート。

体育館のひな壇に、実行委員か生徒会の子なのかわかりませんが数名の生徒さんが並び進行や、スピーチが・・・

先日次男と長女が中学校に訪れた時に、制作に少し関わった、大きなちぎり絵のお披露目(除幕式)も行われました。

しばらくその様子を見ていると、次男の担任の先生が、私たちのもとへ来られました。 続きを読む 学校祭にて


変わっていくことが・・・


<新学期、でも・・・>

9月になり、長い夏休みも終え、再び学校が始まりました。

新学期を迎え、再び学校へ登校する子供たち。

また、日常的な朝の風景を目にするようになってきました。

こんな光景を見て、気分が重くなっておられる親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

『なんで、うちの子だけ?』と。

または、

『新学期からを機に、再び登校できるのでは?』という、思いを抱いている親御さんもいらっしゃるかもしれません。

でも、そんな思いをちらつかせることが、学校に行けないわが子をさらにつらい気持ちにさせることもあるのではないでしょうか?

なぜならば、お父さんやお母さん以上に、本人たちのほうが、笑顔で登校するほかの子たちの姿、笑い声を見聞きし、辛い気持ちになっているかもしれない。
自己嫌悪感につぶされそうになっているかもしれない。
(もちろん、私の憶測にすぎませんが・・・)

だからこそ、我が子に寄り添う姿勢が必要なのだと思います。

さてそんな中、我が家でも、新学期が始まり、安穏としていた夏休みとは違い、学校からの連絡などのかかわりが再開されました。 続きを読む 変わっていくことが・・・