小さな一歩を・・・


イベント会場にて・・・

先日の『#不登校は不幸じゃない』に参加してから、自分の中で悶々と考えていることがあります。

その会場で、このブログを読んでくださっておられるお母さんから、こんな一言をいただきました。

『ブログ拝見しています。この先、どんな活動をされていくんですか?』

期待をこめての一言だったと思います。

私自身、このブログもほんの思いつきで始めただけのもの。

これほど、真剣に読んでいただいている方がおられるとは思ってもいなかった。

そしてこの先、このブログをどのように進化させていくかなんて考えてもいなかった。

ただ書き続けていけば、何か道が開けるのかも・・・そんな風に感じていました。

でも、それだけではいけないような気がしています。

たしかのこのブログを読んで、同じような境遇で悩んでおられる方の心が、少しは軽くなるのかもしれません。

でもそれだけではダメなような気がします。

若新さんのお話

前回の記事でも書きましたが、その会場で講演されていた若新さんのお話は非常に興味深かった。

彼の手がけた、鯖江市役所のJK課や、NEET株式会社、ゆるい就職等々どれも、それまでの常識から逸脱した発想から生まれたものばかり。

もちろん、それが必ず良い評価、良い結果になるという保証もありません。

でも、それを現実にやっているところがスゴい!!

正直、これまでブログで書き記したとおり、学校(特に義務教育)を終えるまでの、我が子への対応はおおむね良かったと思っている。

ただその後、社会に出る、自立するということになると、現実的に厳しさを感じずにはいられません。

今現在、おかげさまで長男はアルバイトを始め、その社会の入り口に入り出しています。

長男を見て感じることは、定時制高校を卒業したという、その学歴よりも、そこに通うために家から外に出て、他人と接することができたことが、良い影響を与えてくれたように感じます。

不登校だからと言って、家にこもらず、外出し、他者と少しずつ接点を持つと言うことが大切なの事のように感じます。

自分にできること、やってみたいこと

先程の会場でお目にかかったお母さんから、こんなことも言われました。

『フリースペースを作ってみては?』

最近、そのことがどうも自分の中で引っかかっています。

子供たちが自発的に、家の外に居場所があれば、引きこもることも少ないのではないだろうか?

そのためのフリースペースは、いくらあっても良いような気がします。

そして、今、自分はそれを作ってみたいと考えつつあります。

まだ具体的なビジョンも、資金も、な~んにもありません。

な~んにもないから、失敗しても失うものもない。

じゃあ、とりあえず動いてみよう!!

動きながら、その場その場で考えながらまた動けば良いかなって思っています。

で、考えたのは、オリジナルグッズなどを作って、このブログを通してネット販売。

それを元手にフリースペース用の借家を借りる。

集った子たちと一緒に、遊びながら、新しいグッズをデザインしたり、クラウドソーシングを通して収入を得たり、・・・そんな事ができれば良いなあ~

なんて、甘い考えですね(^_^;

でも、動き出してみようと思います。

まずは、最初のオリジナルグッズ製作の為の資金集めをしようと思います。

本来なら、自分のお給料から捻出すべきなんでしょうが、いかんせん子供5人を養うだけで手一杯です。

というわけで、polcaでクラウド(フレンド)ファンディングを立ち上げました。

『不登校の子たちが集まるフリースペースを作りたい』

もしご支援をいただければ、自分自身も引くに引けなくなります。

どうか、自分の背中を押してください。

ほんと、馬鹿げた試みですが、ちょっと一歩を踏み出してみたいと思います。

ご支援いただければ幸いですが、拡散していただくだけでも結構です。

皆さんのご協力、よろしくお願いいたします(o_ _)o

 

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>


よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です