長男、無事卒業!!


平成30年3月2日

本日、我が家の長男が、4年間通った定時制高校の卒業式を迎えました。

小学5年の時から、不登校になり、その後は中学卒業まで、五月雨登校や完全不登校の日々のくりかえしだった長男。

高校受験間近になり、本人の意思で高校には行きたいと言って入った定時制高校。

正直、ちゃんと卒業まで通えるかなって思いもありましたが、この学校が長男に会っていたのか、入学したとたん、人が変わったように明るくなりました。

途中、中だるみというか、授業をエスケープしたりすることもありましたが、出席日数もぎりぎりセーフ(^_^;)

4年間赤点は1つも無し!!

卒業までの単位を全て習得して、今日無事卒業の日を迎えました。

実は前日の予行練習には・・・

前日に行われた卒業式の練習には、長男は参加しておりませんでした。

中学校の卒業式には参加しなかった長男。

高校への卒業式の参加も、正直なところそれほど思い入れがあるようには見えませんでした。

というか、迷っているのかなという感じでした。

これまでも、こういった式典への参加はいやがっている節もありましたし、(現に高校の卒業式の日には一度も参加していませんでしたから)

何より、もし高校のこの卒業式へ率先して参加してしまったとしたら、中学校の卒業式に対して全力で抵抗した自分に対して、矛盾してると感じるのかなって気もしました。

昨日の夜、長男に聞いてみました。

『明日、卒業式に出られそう?』

『うん、まあ、多分大丈夫じゃない?』

と、なんともあやふやな返答。

私自身は、PTAの来賓として、長男の参加不参加にかかわらず学校には行かなければなりませんでしたが、妻は、長男の高校卒業式を見に行くのを楽しみにしていました。

長男の本心は、参加したくない思いおあり筒も私たち親二期を使ってるようにも見えました。

眠りにつく前、もう一言長男に告げて眠りにつきました。

『別にお父さんやお母さんに、気ぃ使わんでもええよ』

『自分のための卒業式やから』

そんな事を言って寝床につきました。

式当日

今朝長男を起こしに行くと、半分眠そうながらも着替えて一緒に学校へ向かうことになりました。

去年も来賓として卒業式に参加していたので、普通卒業生は正装で参加している子がほとんどでしたが、それだけは長男も拒み、普段着での参加を強行しました。

長男らしいと私は感じましたが、本人にとってはちょっとした抵抗なのかもしれません。

まあ、それでも式に参加しただけでも正直嬉しかった。

因みに、式には私と妻のみならず、長女と次女、そして三男も一緒に長男の門出を見に行きました。

式典は、つつがなくというか、あっけなく終わってしまいました。

式の後、教室に入ると、長男と友達数名がわいわい楽しそうに語り合う姿が見えました。

『ああ、結構普通の高校生らしい友人関係も築けているんだな』

と、ちょっと安心しました。

式典とかそういった堅苦しいものにちゃんと参加できることよりも、楽しく語らえる仲間がいると言うことの方が大事なように思います。

そんな友人関係が持てたこと、そしてその光景を眼に出来たことの方が、私にとっては何よりでした(*^_^*)

式を終えて・・・

家に帰り、学校から手渡された荷物の中に、文集の冊子がありました。

卒業文集というわけではなく毎年作成されているもので、全生徒の作文が掲載されている小冊子です。

その中に、長男の卒業を迎えるにたっての文章も掲載されてました。

全文をここに書き記すことは出来ませんが、

・高校の4年間は自分の一生のうちのほんの一瞬だったと感じていること。

・その4年間で、自分は成長したとも成長していないともいえないということ。

・この高校が自分には合っていたということ。

・親にいろいろ迷惑をかけてしまったと言うこと。

・親、先生への感謝の言葉。

・そして、私たち親へ、これからも迷惑かけるかもしれないがよろしく、と。

そんな言葉が並んでいました。

普段は、へらへらして、なんも考えてないように見える長男ですが、ホントは意外にちゃんと考えているんだなあって感じました。

ただ、自分としては子供たちに迷惑をかけられてるとは思っていない。

むしろ、子供たちに教わった気がします。

自分に嘘はつかないと言うこと。

社旗的に普通であっても、嫌なものは嫌だと言うこと。

自分らしく生きるということ。

そんな大事なものを教わった気がします。

最後に、長男へ

4年間お疲れ様でした。

自分を通しつつも、ちょっとずつ、社会と折り合いをつけながら妥協点を見つけてここまでやって来たように思います。

そんな術を自分の力で身につけた。

そんな4年間だったのかもしれません。

そんな長男だからこそ、これからもなんとかやっていけるんじゃないかなって思います。

長男の未来が、明るいものであることを切に願います。

これからもこの調子で、ボチボチ行きましょう!!

父より

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>


よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です