自らの意思で・・・


長男の一歩

かねてより、当ブログでもチラホラと触れておりましたが、我が家の長男、もうすぐ定時制高校を卒業。

しかし、進学もせず定職への就職活動もしておりませんでした。

つまり、卒業後のことは全くの白紙。

内心、卒業後しばらくはウチで、ダラダラと自堕落な生活を続けていくのかな~と思っておりました。

私自身、別段目標などがないのであれば、そんなゆったりと過ごす時間があっても良いのでは?という思いもありましたので、本人にああしろ、こうしろなど、小やかましいことは一切いってきませんでした。

そんな中、先日、長男から卒業後のことについての思いを告げてきました。

長男の思い

長男の口から出たのは、実に意外なものでした。

本人曰く、卒業後すぐにでも、私の実家で、家業の手伝いをしたいというものでした。

私の実家も理容室。

個人事業のホントに小さな散髪屋です。

昔はそこそこ景気の良い時期もありましたが、今は日に数人程度のお客さんが訪れれば良い程度。

父も高齢ということもあり、お世辞にも繁盛している店とはいえません。

正直、父一人でも手が余るほどの店です。

おそらく、まともに給料が払えることもないと思います。

それでも長男はそれを望みました。

とりあえず、私の父と母に相談。

やはり、親父も収入の面などで、とても人を雇える状況ではないことを、におわせました。

ただ、ずっと我が家にいて、何もしないでいるよりは、外に出て違う生活に触れることは長男にとって、なにかプラスになるのではないか、という思いを告げ、両親にも了解を得ることが出来ました。

かくして、長男の卒業後の進路は、実家での家業の手伝いということになりました。

思えば20年前、私は結婚を機に実家を出ました。

親父は、将来的には、私が実家に戻り実家の店を継いでいくことを望んでいました。

執拗な催促はありませんでしたが、そんな思いはコチラにも伝わっていました。

今の家を購入し、そんな親父の夢も叶わぬものとなってしまいました。

が、今度は、孫が実家で働くことに。

もちろん長男が理容師を目指してるというわけではありません。

ただ、親父と私がともに働くことはなかったけれど、代わりに孫と一緒に働くことになった。

なんとも、不思議な巡り合わせです。

思いと志

さて、この件には後日談が・・・

というかこのことは今日初めて知ったのですが。

<長男が実家で働きたいといった理由>

これは妻から聞いた話です。

長男は、高1の時、アルバイトをしていた時期がありました。

その時、職場の人たちと折り合いが悪く、数ヶ月で辞めてしまいました。

それからは、全くバイトをする事はありませんでした。

本人の中に仕事に対する恐れみたいなものがあったのかもしれません。

今回、実家で働きたいといったのは、そのリハビリみたいなものという理由からだと、妻に話したそうです。

確かに見ず知らずの人の中で働くよりは、幾分、人間関係の負担は少ないかもしれません。

リハビリにはもってこいの職場と言えそうです。

そして、これも今日、私が直接本人から聞いた話です。

以前にも何度かブログの記事でも取り上げましたが・・・

トレーディングカードゲーム『遊戯王』の大会に再挑戦すること。

中学生の時からやっていましたが、高校に入ってからは、それほど熱心ではなかったように感じていました。

ところが、親の見ていないところでコツコツと研究していたらしく、実家にいったら、その大会に再び出場する予定だそうです。

かつて出会った、カードゲーマーのハセキョンさんが世界大会で準優勝になったことが、長男の思いに火をつけることになったのかもしれません。

普段はおちゃらけていて、家族みんなにいじられながらも、どことなく家族みんなを笑わせる。

そんなピエロ的な役割の長男。

一見、な~んも考えていないように見えて、しっかりと自分の行く末を考えていたようです。

誰も自分の目にレールを敷こうとしない、だからこそ自分の進む道を自分で決めた。

自分の苦手なもの(コミュニケーション能力)をしっかり自覚し、どう克服するかを考え、なおかつ、自分の夢を追いかけることも忘れない。

いやはや、自力で立派に成長したもんだと、親ながら『あっぱれ』って感じです。

これから先、長男がどんなふうに成長をしていくのか?

乞うご期待!!

 


よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です