自分が変わってみて・・・


変わりたいから変わる

今回、長年勤めた会社を転職することは、自分なりに考え始めたのは、去年の春ごろでした。

家族のために働いてるはずなのに、その家族との時間がどんどん少なくなっていくことに、矛盾を感じたこと・・・

会社の考える方針と、自分の価値観のギャップに、憤りも感じ始めていたこと・・・

そして、長男が高校卒業、次男も中学卒業を迎える年になっていたということ・・・

我が子がもうすぐ社会に出るかもしれない節目の時、そんなときに

仕事とは?・・・
社会人とは?・・・
大人とは?・・・
親とは?・・・

『日々の生活のため、自分の価値観や理想を押し殺し、何かしら不満を抱えつつも仕方ないと、半ば投げやりのように与えられた仕事をする事。』

『それが大人の、親のあるべき姿なんだよ』

なんて、背中で語るような父親でありたくなかった。

そんな父親を見て『大人になりたい』『親になりたい』そんな風に考える子供が居るでしょうか?

子供に幸せな大人になってもらいたいのならば、親がまず幸せな生き方を見せることが大切なのではないでしょうか?

そんな思いもあり、去年の3月頃、家族全員の前で転職しても良いか相談しました。

家族みんなはすんなりと了承。

『お父さんがそうしたいんなら、それでいいんじゃないの。』

子供たちのそんな言葉で、転職することを決めました。

親が変われば子も・・・

そんな家族会議から9ヶ月を経て、ついに退職を迎えた最後の出勤日。

長男から、1通のメールが私の携帯に入っていました。

内容は・・・

『卒業までに出来そうなバイトを探したい』

そんな内容でした。

以前の記事にも書きましたが、長男は卒業後の進路は全く決めておらず、学校にはアルバイトを探して働くとは言ったものの、特別探している様子もなかったので、しばらくは、何もしないものと思っていました。

私は、それでもかまわないと思っていました。

自分が『やりたいこと』『進みたい道』が見つからないうちに、無理に急いで社会に出る必要もないと思っていたからです。

だから、『仕事を探せ』とは一言も長男には言っていませんでした。

にも関わらず本人から『バイトを探したい』とのメール。

しかも、私が退職するその日に・・・

そのメールを見て、正直嬉しかった。

長男自身から、そんな言葉が聞けたということが何より嬉しかった。

本人が望むのであれば、それをサポートするのが親の努め。

新しい職場で頑張ると共に、我が子のバイト探しも頑張らねば・・・。

どっちかというと、コミュ障気味の長男坊、バイト探しもなかなか一筋縄ではいかないかもしれませんが・・・(^_^;)

雑感

親は、どうしても子供に成長や変化を求めがちです。

でも、ちょっと俯瞰の眼で自分自身を見てみると、親のみならず大人って、案外、

変化することを嫌がります。

成長することよりも、今の安定を望みます。

子供たちに『変化』『成長』を願うのであれば、

私たち大人が『成長すること』『変化すること』を恐れてはいけないのかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>


よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です