夏休みを前に・・・


<もうすぐ夏休み!!>

本当に、久方ぶりの投稿になります。

毎日、蒸し暑い日が続くこともあり、私の本業も忙しくなり、なかなか、仕事を終えてから書こうというガッツが出なかったのが、大きな原因です。(ま、単なる言い訳にしかなりませんが(;^_^A)

書いていなかった間も、書きたいことはいろいろあったんですが、なかなか出来ず、たまっていく一方・・・。折を見て書いていきたいと思います。

さて、そんなこんなで、気がつけばもうすぐ夏休み。

ついこの間、進級したと思ったら、もう夏休み。早いものです。

夏休み。学校に行っていない我が家でも、なんだか浮き足立つ思いが(というか、ホッとします)

学校に行っていないという、プレッシャーみたいなもの(実際、そんなものはないのかもしれませんが・・・)から、なんか解放されるような気がして。

そんな夏休みを前に、定例の保護者懇談会がありました。

<プレッシャーの全く無い期間を・・・>

次女の通う小学校の方からは、全く連絡も交わさない状態になっているので、『まあ、特に話すこともないだろうし、いいのかな?』って感じで、こちらからも特に連絡はしていません。

一方、次男と長女が通う中学校からは、夏休みを前にということで、懇談会の連絡がありました。

約束の時間より少し早く中学校に到着。

まずは、長女と担任の先生と私と妻でお話。

若い先生ということもあるのかもしれませんが、あまり堅苦し話もなく、普段の長女の家庭の様子を聞く程度の話でした。

意外に、長女もはっきりとした口調で先生と会話できていたのが、意外に驚きました。(もっと、ボソボソという感じになるのかなって思っていたので・・・)

次いで、次男。

中3ということもあり、夏休み中も他の生徒さんは、補習や高校の見学などのスケジュールがあるようで、それらがびっしり書かれたカレンダーのプリントを見ながら、『よかったら、参加してね』って感じで話しが進んでいきました。

まあ、当の本人はそんな話も右耳から入って、左耳から抜けていってる様子でしたが・・・(;^_^A

しかし、本当、普通に通ってる中3の子供たちってハードスケジュールだなって感じましたね。

『夏休みが、休みじゃない!!』

それらを、平然とこなせる子供たちや先生って、すごいと思うのですが、ある意味怖いという思いもあります。

まあ、『ウチはウチ、よそはよそ』といったところでしょうか。

一通り話が終わったところで、私のほうから、一つだけお伝えしたいことがあったので、その旨をお伝えして学校を後にしました。

どうしても伝えたかったこと。それは、

・『次男本人は、現段階で高校進学を考えていないということ』

・『私自身は、そんな選択もあっていいと思っているということ』

・『学校に行かなければいけないというプレッシャーが、全く無い状態の期間があってもいいのではないかということ』

そんなことを先生にお伝えしました。

先生も、そうですねと同意して頂ける言葉もありましたが、それでも、『もし次男の気持ちが変わるようならば・・・』、という言葉も付け加えられてはいました。

まあ、先生の立場的には、当然のことだと思います。

私自身も、自分の考えを先生に了承して頂くことは目的ではありませんでした。

本当の目的は、そんな生き方もいいんじゃないのってことを、横にいる次男に聞いてほしかったということ。

中学校を卒業、じゃあすぐ高校。そうでなくても良い。

学校に行っていないという負い目を、ずっと感じながら今まで過ごしていたかもしれない次男。(もちろん、本人がどう感じているかは分かりませんが・・・)

それから解放されることによって、なんか違う世界が見えてくるのではないか、そんな気がしてます。

まあ、私の話しも、右から左だったかもしれませんが・・・(^◇^;)

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。<(_ _)>

 


よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です