不登校と卒業アルバムの是非


朝晩の冷え込みが、ぐっと体に力を入れさせる。そんな日が続いている今日この頃。一歩一歩、着実に冬へと向かっているのだなと、季節の移ろいを感じます。

さて、先の記事でも取り上げました座談会。ほかにも、いろいろな話が、集まった保護者の中からも出ましたので、取り上げさせていただきたいと思います。

この時期、卒業前の不登校のお子さんや、親御さんが一番頭を悩ませるもの。

『卒業アルバム作り!!』

この話が、先の集まりでも取り上げられました。

卒業とともに手渡される、卒業証書と卒業アルバム、そしてその他、記念品。卒業の日には、鉄板のアイテム。

普通に学校に通っていた子供たちにとっては、良き思い出として残るのかもしれません。(まあ、普通に学校に通ってた自分ですら、目を通したのは、数回程度ですが・・・。)

学校に行けない子供たちにとっては、やはり、悩みの種としかならないようです。

まず、撮影のために登校しなければならないという事。そして、その写真が、形となって残っていくという事、等々。

座談会で話に上がったのは、中学三年生のお子さんを持つお母さんからの話でした。

お子さんは、撮影も当然のことながら、アルバムに自分の名前が載ることも拒否されておられるそうです。お母さんも、その意思は尊重したいという思いのようでした。

ところが、学校側は簡単に『はい、そうですか』とはいかないようで・・・(^_^;)

その辺の押し問答が、連日続いておられるとのことでした。

そもそも、卒業アルバムって、子供たちのために作られるものですよね。その主体となる子供本人が、『いらない』『載りたくない』と言っているモノを、無理に載せる必要性があるものなのでしょうか?

そもそも、顔写真や個人名といったものは、個人情報云々で、もっとデリケートな扱いとならなければならいもの。

私自身も、PTAの広報誌の担当をさせてもらっていますが、それらに、生徒の写真を本人の許可なく載せることも許されなくなっている時代です。

卒業アルバムだけは別というのもおかしな話です。

我が家の子供たちは、小学校の卒業アルバムについては、あまり抵抗なく(喜んでというわけでもありませんが)、撮影に応じました。

ただ、長男の中学校の卒業アルバムについては、いろいろありました。以前の記事『長男の中学時代 卒業式』でも、書きましたが、全く撮影をした覚えのない、クラスの集合写真に長男の姿が写っていました。おそらく、体は別人で、顔だけ差し替えたのだと思います。(よくできてはいましたが、顔と体のバランスがちょっと変でした。)

私自身、そんなに法律に詳しくはありませんが、先の座談会の話といい、長男の時といい、

『本人の同意が得らないにもかかわらず、写真や名前が、アルバム載ること、または載せようとすること』

これは、個人情報保護法に、引っかからないのでしょうか?

是非、専門の方の意見をうかがいたいところではあります。

ちなみに、座談会で集まった元不登校の保護者の中には、かたくなに拒否して、アルバムには載せなかったという方もいらっしゃいました。

そういった前例もあるので、『載せない』という、選択肢があってもいいのではないでしょうか?

 

 

お読み頂き、ありがとうございました。   <(_ _)>

 

 

よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m



不登校と卒業アルバムの是非」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です