長男の中学時代 卒業式


いよいよ卒業!!

しかし、長男は式に出る気は皆無でした。

まあ、3年になってから、一度もクラスに入ってなかったし、今更、卒業式だけみんなと一緒にってのも、難しいだろうなって思ってはいたので、『後から、卒業証書だけ受け取りに行けばいいかな~』って思っていました。(私の弟も、妻も、そんな形で卒業したので・・・。)

というわけで、その旨を先生にお伝えする。当然、先生としては「せめて、卒業式だけは・・・。」という話に。先生のお気持ちもわかるんですが、本人が、行かないって言ってるものを、無理矢理連れて行っても、嫌な思い出が残るだけだし・・・。

とりあえず、式の出席は難しいだろうという方向で話は終わったと思っていました。

そして、式当日

その日は、私も式には出ないだろうと、思っていたので、休みを取らず(高校の入学準備のために休みを取るつもりだったので)出勤してました。

すると、妻からメールは来るわ、電話が鳴るわ。で、その時私は接客中、全く気づかず、気づいたときにはお昼頃だったかな。

折り返し、連絡してみると、先生が長男を半ば強引に、式に連れて行こうとしたらしく(長男はかなり抵抗したそうなんですが)、それに切れた妻が、校長に直談判、結局、式の後から校長室で証書をもらった(折り返し電話したときには、もう、受け取った後でした)という事でした。

興奮冷めやらぬ妻、まあまあと電話を切り仕事に戻り、帰宅後、詳しく話を聞くことに。

帰宅後に聞いた話もだいたい電話で聞いた内容と同じ、なだめるのに大変でした(^-^;ただ、一つ気になった点が。

校長室で証書を受け取った後、先生に「高校から、やり直しなさい。」(妻からの又聞きですから、一字一句そう言われたかは分かりませんが)と言われたそうです。

その言葉には、違和感を感じました。人生ってリセットボタンはないと思うんです。不登校という時間を、帳消しにして、違う人生を歩むというのは、どうも引っかかりました。僕は、不登校という時間のなかで、あたふたしながらも、いい勉強をさせてもらったと、思っています。だからこそ、その時間も大事にして、更に、積み重ねていくのが、人生ってもんじゃないかなあと感じました。息子自身もそう感じてくれる事を、祈っています。

もちろん、先生もそんなことを思っての発言ではなかったのかもしれませんし、いろいろ、ご迷惑をおかけしたことにはお詫びいたします。手を尽くして頂いたことにも感謝しておりますm(_ _)m

ただもう一言、言わせて下さい。後日、届いた卒業アルバム。その中の集合写真。長男は撮影にも出席してないのにもかかわらず、クラスメイトと並んで写っていたんです。よく見ると、顔だけ合成されてました。ちょっと哀しかったです。

子供たちが将来、家庭を持ったとき、そのアルバムを開くかもしれません。そんなとき、息子はどういう思いで我が子に見せるでしょうか?どんなふうに、話をするでしょうか?

まあ、何はともあれ、長男の中学時代は、幕を下ろしました。

長々と、綴りましたが、これが長男の中学不登校の道のりでした。

ご拝読、ありがとうございましたm(_ _)m

よろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

アニメイトオンラインショップ






長男の中学時代 卒業式」への4件のフィードバック

  1. こんにちは!沢山の更新ありがとうございます。全て興味深く読ませて頂いております。
    長男くんの頑張りとご家族の温かい支援に敬服致します。

    それにしても、卒業式の先生の対応には疑問が残ります。
    お話された言葉も、納得いきませんね。
    最後の最後にそれでは、学校に対してマイナスな感情しか残らないように思うのですが…。

    アルバムの合成も悲しいです。
    それなら載せてもらわなくてもいい、と私なら思ってしまいます。
    学校側としては良かれと思ってやったのでしょうが…。

    これから長男くんが高校でたくさんの楽しい経験をされますように。
    遠くからお祈りしています(^^)

    1. うっちーさんへ

      コメントありがとうございますm(_ _)m

      確かに、親という立場に立てば、やるせない気持ちになってしまいます。
      しかし、先生の立場にたったならば、自業自得ではないかと、言われたらそれまでかもしれませんね。
      不登校の親と、先生って対立しやすい関係かもしれません。でも、長男の高校入試には、力を貸して頂きました。その、恩は忘れてはいけなと思います。
      「人は受けた恩を忘れ、受けた仇は忘れない」
      そして、「与えた恩を忘れず、受けた恩は忘れるものです」
      受けた恩に気づくことが出来たとき、人は幸せを感じることが出来ると思います。
      うっちーさんの、暖かいコメント、感謝致しております。

      今後、娘さんにとって、何か参考になるものがありましたら、記事にしたいと思っております。
      今日は本当にありがとうございました。

  2. 今、まさに卒業式が終わる時間でしょうか?不登校になり色々あっての卒業式。少しばかりの期待を持ってしまったのも事実。午後からは、一人だけの卒業式に参加のつもりです。ど~なるか。子供?今はゲームで現実逃避中です。

    1. 渡邊さんへ
      コメント頂きありがとうございます。

      まずは、お子様のご卒業、おめでとうございます!!

      この日に卒業式ということは、お子さんは高校生でしょうか?
      実は昨日、長男の通う高校の卒業式があり、PTA来賓として参加させていただきました。
      定時制の高校ということもあり、皆、制服ではなくスーツ姿の卒業生がほとんどでしたが、中には、私服のままであったり、コスプレ風の服装の子もいました。

      そんな子供たちも、先生方は涙交じりの笑顔で見送っておられました。
      卒業式という形式はこうあるべきという、こだわりを持っているのは大人たちの方。
      大切なことは、子供たちが卒業したんだと実感することなんだと思います。
      たった一人の卒業式。
      少しさみしいかもしれませんが、それもまた特別な思い出として残っていくものなのかもしれません。

      我が家の子供たちも、たったひとりの卒業式を迎えた子が2人おります。
      その時感じたこと、
      『こんな卒業の形もまた一興』
      何はともあれ
      『卒業おめでとう!!』
      我が子が一つの節目を迎える、親にとってはそれだけで十分喜ばしい事なんだと思います。

      これからのお子様の将来が、幸多きものになりますことをお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です